加古川の弁護士による離婚相談|つつじの綜合法律事務所(兵庫県弁護士会所属)

つつじの総合法律事務所 079-456-8220 初めての方でも親身な対応

  • TOP
  • 離 婚
  • 慰謝料請求
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談の流れ
  • アクセス
  • 相談予約
  • 離婚の種類
  • お金の問題
  • 子どもの問題
  • 浮気・不倫
  • DV・モラハラ

離婚と年金の問題


34767_114.jpg  
「離婚したら厚生年金はもらえないのでしょうか?」
 
年金で生活をしておられる方の熟年離婚でよく問題とされます。
公的年金には、誰でももらえる国民年金と、サラリーマンがもらえる厚生年金、公務員がもらえる共済年金があります。国民年金は誰でももらえるので、問題にはなりません。
 
問題は厚生年金、共済年金です。厚生年金や共済年金を受け取ることができるのは、被保険者のみです。
 
例えば、夫が主に働いて、妻は家事に専念していたという場合、妻が受け取ることができる厚生年金はごくわずかであるという場合が少なくありません。
 
しかし、年金保険料の納付については、婚姻期間中、妻が夫を支え続けたという功績があるはずです。また、離婚の際に年金が分割されないとすると、経済力の乏しい妻側の生活がおびやかされるおそれもあります。そこで、夫の厚生年金の保険納付実績を妻側に分割することが認められる制度のことを年金分割といいます。
 
保険料納付実績の分割割合は、話し合いによって決めますが、最大2分の1までです。基本的には2分の1で決定することが多いです。話し合いで合意が得られない場合には、家庭裁判所で分割割合を決めることができます。
 
離婚にあたり、年金分割の話合いを行っていなかった場合でも、離婚から2年以内であれば手続きを行うことができますが、時間は意外と早く過ぎますので、速やかに対応すべきでしょう。
 
年金の問題はそれぞれの生活設計に大きな影響を与える問題ですし、制度が複雑でなかなか理解するのが難しい分野でもありますので、専門の弁護士に相談し、正しく理解することをお勧めします。
 

離婚についてはこちらもご覧ください

●離婚の種類 ●お金の問題 ●子どもの問題 ●浮気・不倫 ●DV・モラハラ

些細なことでもまずはお気軽にご相談ください

離婚・男女問題のご相談ならつつじの総合法律事務所へ 079-456-8220

ご相談の流れはこちら

●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●ご相談の流れ

〒675-0066 兵庫県加古川市加古川町寺家町(じけまち)47-6 加古川ベルデモールビル5A号
TEL : 079-456-8220 FAX : 079-456-8221
受付時間 : 平日9:30~18:30 相談時間 : 平日9:30~18:30(夜間・土日祝日応相談)